11
夏の劇場
[演劇]
改訂版 無頼の女房の写真
劇団昴 ザ・サード・ステージ 第36回公演

改訂版 無頼の女房

作 :中島淳彦
演出:北村総一朗
出演:遠藤純一、遠藤英恵、岡田吉弘、渡辺慎平、石井ゆき ほか
公演期間2018年08月15日(水)~08月19日(日)
会場座・高円寺1
チケット発売日2018年07月04日(水)
劇団昴の俳優たちが自ら企画・製作を手がけるプロデュース公演、劇団昴ザ・サード・ステージ。
戦前・戦後の激動の社会状況の中、薬物中毒とうつ病に苦しみながら、多くの名作を遺した作家・坂口安吾をモデルに書いた中島淳彦の戯曲を、北村総一朗の演出により改定版として上演します。
突然、二階から飛び降りる作家!
一階で受け止めるその妻と編集者達!
無頼派作家と、それを取り巻く人々の切なくも可笑しい人間ドラマ
作品解説・みどころ
今回上演する、中島淳彦氏の『改訂版・無頼の女房』は、
無頼派作家と呼ばれた坂口安吾と、その妻三千代をモデルに、
夫婦の数奇な愛の姿と、二人を取り巻く、愛すべき人間達の奔走する様を通して、
懐かしくも、いかがわしい昭和の魅力をコミカルに表現します。
ともすれば、演劇が論理的、口実的な表現に陥りがちな中、
今再び、中島淳彦氏のエンターテーメント性に満ちた、
滋味豊かな作品に、新たな光りを当てて、演出します。
高円寺という風情の有る街の、「座・高円寺1」という温容な劇的空間で、
生き生きとした人間行為の魅力と、劇的感動を直に味わって下さい。
多いに笑って下さい。
それにしても、途轍もない挑戦が始まりました。

――北村総一朗(座・高円寺フリーマガジン19号より)
主催:劇団昴 ザ・サード・ステージ 
後援:杉並区
提携:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
スケジュール
日時08/13
(月)
08/14
(火)
08/15
(水)
08/16
(木)
08/17
(金)
08/18
()
08/19
()
14:00
19:00
◎印&☆印公演(8/16・17・18の各14時)=託児サービスあり。対象:1歳~未就学児/定員あり/要予約/料金1,000円。観劇日の1週間前までに劇場チケットボックス(TEL03-3223-7300)まで、お申込みください。

◎印公演=終演後、演出家・出演者によるトークあり。(※19日はスペシャルゲストとして、作者の中島淳彦さんが登場します)
スタッフ
作:中島淳彦

演出:北村総一朗

美術:長田佳代子
照明:宮永綾佳
音響:藤平美保子
衣裳:大野典子
映像:浦島啓

演出助手:広瀬和
舞台監督:三輪学

企画・制作:劇団昴 ザ・サード・ステージ 
           磯辺万沙子
キャスト border=
遠藤純一 
遠藤英恵
岡田吉弘 
渡辺慎平
石井ゆき 
矢﨑和哉
江﨑泰介 
永井将貴
加藤和将 
大矢朋子
白倉裕人 
遠藤鮎喜
吉澤恒多 
あんどうさくら
チケット情報
入場料金
全席指定 
一般 4000円(税込)
なみちけ」ご使用になれます
U24(24歳以下)3,000円 (劇団昴のみ取扱い/当日要証明書)

※未就学のお子様はご入場いただけません。
※車椅子のままご観劇をご希望の方のために、車椅子スペースを用意しております(定員あり/要予約)。車椅子の大きさに制限がございますため、お申込みの際にお問い合わせください。■問い合わせ先:劇場チケットボックスTEL03-3223-7300
※障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り、1割引になります。
※開演時間を過ぎてのご入場は、指定の席番にご案内できない場合がございます。
チケット販売窓口
座・高円寺チケットボックス(月曜定休)
03-3223-7300(TEL10:00〜18:00/窓口10:00〜19:00)
座・高円寺WEBチケット
https://www.e-get.jp/za-koenji/pt/
CoRichチケット(こりっち)
http://stage.corich.jp/stage/90780/ticket_apply
劇団昴
http://www.theatercompany-subaru.com
03-6907-8415(平日10:00~18:00)
お問合せ
劇団昴
http://www.theatercompany-subaru.com/
03-6907-9220
burai1.subaru@gmail.com 
ページの一番上へ戻る