あしたの劇場

劇場ってどんな場所だろう?そこは自由な遊び場です。子どもたちのための、そしてもちろん大人たちのための。いつでも、誰でも、好きな時にやってきて、ふだんとはちょっと違う出来事に出会ったり、ふだんとはちょっと違う自分になってみたり、ふだんとはちょっと違う誰かと友だちになったりする遊び場。子どもたちから教えてもらいましょう。子どもたちからはじめましょう。子どもたちは遊びの名人、ふだんとは違うことも大好きです。座・高円寺の「あしたの劇場」は子どもたちと手をつないで歩みます。たくさんの子どもたち、大人たちのみなさん、一緒に手をつないで遊びましょう。
座・高円寺 芸術監督 佐藤 信
いっぱい、いっぱい「あしたの劇場」 座・高円寺が劇場事業の柱としている「あしたの劇場」には、大きく分けてプログラムが3つ。それぞれに楽しい「あしたの劇場」へ、是非、一度遊びに来てください。
→詳細はこちら
絵本の旅@カフェ

毎週土曜日10:30~12:00
カフェ アンリ・ファーブル(2F)ほか

座・高円寺の2階にあるカフェ アンリ・ファーブルには絵本がたくさんあります。その中から好きな本を選んで、お気に入りのスタイルで絵本に向かい合ってみませんか。一人でも、誰かさんと一緒でも、お気に入りの一冊を見つける旅に、さぁ出かけよう。
→blogはこちら
みんなの作業場

毎週日曜日10:30~12:30
阿波おどりホール(B2F)ほか

大好きなことでも、苦手なことでも、やりたくないことでも、みんなと一緒なら、きっとできる。どんなことが好きになったかな、どんなことが得意になったかな、そしてどんなことが楽しかったかな。3月にはこの1年間の遊びでつくったものをたくさんの人に見てもらう、愉快な発表会も開きます。
→blogはこちら

海外編「世界をみよう!」

お芝居のエッセンスがぎゅっと詰まった、海外からの小さな舞台作品を集めたフェスティバル。2009年はクロアチア、イタリア、デンマーク、ベトナム、カンボジアから、魅力たっぷり見ごたえ満点の作品が集まりました。毎回とびっきりの作品を上演します。まだ言葉を話せない子どもから、昔々の子どもたちまで、みんな一緒に楽しんでください。
→詳細はこちら

「旅とあいつとお姫さま」

夢に見た女の子を探して旅に出た少年と、どこまでも一緒についてくる不思議なあいつ。やがて少年は立派なお城にたどりつき、夢の中のお姫さまに出会います。ところがなんとそのお姫さまは……。
子どもたちのために、世界各国で美しく幻想的な作品を創り続けているイタリアの演出家テレーサ・ルドヴィコが、座・高円寺と一緒に創った、愛と友情と冒険の物語。杉並区の公立小学校4年生全員を劇場に招いて上演します。
→詳細はこちら
ページの一番上へ戻る