劇場創造アカデミー

→劇場創造アカデミー専用WEBサイト
→劇場創造アカデミー概要 表面 (PDF)
→劇場創造アカデミー概要 中面 (PDF)
座・高円寺では、劇場芸術の専門的な知識と技術を習得して、さまざまな場所で活躍できる人材の育成を目標に、東京学芸大学、立教大学などの教育機関、および全国の公共文化施設と連携して、「劇場創造アカデミー」(二年制)を創設します。 専門的な舞台俳優やスタッフとしてはもちろん、教育や市民による町づくり、企業のメセナ活動、行政の文化政策など、その企画や実際の活動を実りあるものにしていくために、舞台芸術にかかわる知識、方法、技術は、幅広い応用の可能性を秘めています。実際に活動する劇場という環境の中での、あたらしい発想と多彩なカリキュラムによる「教育プログラム」に、是非、ご期待下さい。

ライブハウス、古着屋さん、雑貨屋さんなど、その時々の若者文化の発信基地と、庶民的で親しみのある町並みとが混在する町、東京高円寺。その高円寺の町に誕生した杉並区のあたらしいパブリックシアターが「座・高円寺」です。

劇場は「在る」のではなく、「成る」ものです。劇場をつくるのは、建物ではありません。人です。人がいる。人が集まる。そうすれば、たとえそこに立派な建物はなかったとしても、劇場が生まれ、生き生きとした活動がはじまります。

そのような劇場をつくる「人」を見つけ、育て、送りだすために、「座・高円寺」では、開館にあわせて「劇場創造アカデミー」を創設しました。

これまでの俳優養成所やスタッフの専門学校、高校や大学の演劇コースでは学べなかった実践的な専門知識と技術とを、劇場という「現場」に密着しながら総合的に習得するための、新鮮で、体系的なカリキュラムと講師陣を準備しています。

一年目の「基礎コース」では、「表現する身体」から「劇場と社会」までの幅広い分野を、実技、講義を通してバランスよく知り、身につけていきます。二年目の「専門コース」では、それぞれが目指している分野について、劇場施設を生かしたより具体的で専門性のある内容の実技、提携大学の大学院相当の演習を、各自が選択してスキルを深めます。

劇場を社会に位置づけ、ひろげ、その場所で生きる意欲と情熱をもったすべての人びとにひらかれた「劇場創造アカデミー」に、あなたの劇場への「夢」を、是非、託して下さい。入所試験は、全国の提携公共施設の協力によって、各地巡回でおこなう予定です。ご応募をお待ちしています。


座・高円寺 芸術監督 佐藤 信

ページの一番上へ戻る