劇場で、生きる。
演劇に携わる者にとって必要な力、劇場にかかわるあらゆることを、
プロの存在を実感しつつ総合的に学ぶ、あしたのための演劇学校。

カリキュラムディレクター: 佐藤信 生田萬 木野花


 演劇が好きな人たちのために公開講座
 2020年9月から2021年3月まで催します!








 私だって演劇を学びたい!という声にお応えして、2020年9月から2021年3月に渡って
 お届けする講座です。劇場の中にある演劇学校 劇場創造アカデミー の講師陣が、
 舞台芸術の楽しさを貴方に教えます。

劇場創造アカデミー 2020年度スペシャル企画

劇場創造アカデミーの授業の中から、
厳選した講義を体験する

舞台芸術公開講座@座・高円寺


 ≪対象者≫
・演劇活動をされている人 ・舞台関係者の人
 (俳優(プロ・アマ問わず)、劇団員、演劇研修所生、高校大学の演劇部員、制作、劇場スタッフ など)
・全日程参加できる人 ・15歳以上の人

≪2021年2月から始まる講座≫ 予定通り開催(現在受付中)!!

パフォーマンスの未来―2020からの思考―

第4回 空間/身体/時間を通して演劇を考える。
(3日間) オンライン視聴可能

講師|高橋宏幸(たかはし・ひろゆき) 

演劇批評家。桐朋学園芸術短期大学常勤講師


岐阜県生まれ。「図書新聞」、「テアトロ」で連載。評論に「プレ・アンダーグラウンド演劇と60年安保」、「原爆演劇と原発演劇」、「マイノリティの歪な位置――つかこうへい」、「アゴラからアゴーンへ――平田オリザの位置」など多数。

空間があり、身体が配置されて、そしてそこに戯曲が描く物語という時間が流れる。あまりに、当たりまえと言えば当たりまえですが、演劇がもつ構造がある。たとえそれが、単層的な時間の流れを描く物語でなくとも、空間が前提とされていなくとも、身体がVRであれプロジェクション・マッピングであれ、リテラルに提示されていなくとも、そこに身体性があること。さまざまなバリエーションがあれど、それらは演劇を作る構造といっていい。その当たり前の凡庸な視点から、もう一度、日本の近代や現代の演劇の歴史や作品を考えてみたい。
 (講師より)


毎週月曜日/19時~21時
2021年
2月 8日(月)
2月15日(月)
3月 1日(月)

受講料(3日分)一般3,000円 杉並区民2,400円 学生1,500円
/オンライン1,500円
会場 座・高円寺 地下3階 けいこ場2
定員 20名(先着順)
※オンラインでの受講は、定員なし







俳優・舞台関係者のための実践実技

第4回 能楽にふれる。
(5日間)

講師|清水寛二(しみず・かんじ) 
銕仙会能楽師

(公益社団法人)銕仙会会員 山本順之・観世寿夫・八世観世銕之丞・九世観世銕之丞らに師事 佐藤信演出・Danny Yung演出『The Spirts Play 霊儀』などにも参加 2018年「青山実験工房」を始める。東京藝術大学非常勤講師。

ゲスト講師|河野正明(こうの・まさあき)
優座・演技部 ※2月24日のみ

現代の演劇として能を眺めて近づいてみましょう。
絶滅危惧種に分類されるでしょうか。
1.「能」の構造  
戯曲/能舞台/面・装束/音楽/座組/養成 など
2.「能」の身体  
「二曲三体」のこと/「型」のこと/息・声のこと など
3.「狂言」のこと
ゲストに河野正明さん(狂言師 河路雅義)さんをお迎えし、手話狂言についてもお話(実演も?)していただきます。
4.世阿弥のマスク 
座長・役者・劇作家・子や父・夫としての顔/伝書の紹介
5.「能」の発想  
「 花」・「序破急」・「会者定離」/古典と新作

毎週水曜日/13時~17時
2021年
2月 3日(水)
2月10日(水)
2月24日(水)
3月 3日(水)
3月10日(水)

受講料(5日分)一般10,000円 杉並区民8,000円 学生5,000円
会場 座・高円寺 地下2階 阿波おどりホール
定員 各クラス12名(書類選考あり)
締切 1月25日(月)必着 
※選考の結果は、1月29日までにメールでお伝えします。




≪2021年1月から始まる講座≫ 予定通り開催(まだまだ受付中)‼

パフォーマンスの未来―2020からの思考―

第3回 小説を通して演劇を考える
(3日間) オンライン視聴可能

講師|佐々木敦(ささき・あつし) 

思考家。HEADZ主宰。文学ムック「ことばと」編集長。

芸術文化の複数のジャンルで長年にわたり批評活動を展開。著書多数。2020年には『これは小説ではない』『それを小説と呼ぶ』『小さな演劇の大きさについて』など五冊の著書を刊行。

劇作家、演劇作家で、戯曲とは別に「小説」を発表している人は意外と沢山居ます。演劇と小説は、どこが似ていて、どこが似ていないのか、相互が影響を与え合うことによって、いかなる成果が生まれてきたのか?
過去から現在まで、具体的な作品や試みを幅広く挙げながら、演劇と小説とのかかわりについて考えます。 (講師より)

毎週水曜日/19時~21時
2021年
1月20日(水)
2月 3日(水)
2月10日(水)

受講料(3日分)一般3,000円 杉並区民2,400円 学生1,500円
/オンライン1,500円
会場 座・高円寺 地下3階 けいこ場2
定員 20名(先着順)
※オンラインでの受講は、定員なし



俳優・舞台関係者のための実践実技

第3回 発声講座2 「声」を見つける。
(4日間)

講師|新田惠(にった・めぐみ) 
ヴォイストレーナー

「歌のお姉さん」として全国の学校でカルメンのメルセデス、マイフェアレディのイライザを演じた。またミサ曲、レクイエム等の宗教音楽、ベートーベンの第九のソリストを務める。スーパーエキセントリックシアター、青年座、東宝芸能、加藤健一事務所、尚美学園ミュージカル学科、多摩美術大学映像演劇学科、舞台芸術学院等で、歌唱指導及び後進の指導にあたる。現在、東京アニメーションカレッジ専門学校、新江ノ島水族館、すみだ水族館講師。

「通りの良い声」って実はどういうこと? どうやって出せるの?
自分の身体に対する意識から変革するトレーニングです。俳優の方のみならず、演出家や制作スタッフの方もぜひご参加ください。2020年の秋に開催し好評だったので、おかわり企画。

毎週火曜日/<Aクラス>14時~16時
      <Bクラス>17時~19時
2021年
1月 26日(火)
2月 2日(火)
2月 9日(火)
2月16日 (火)

受講料(4日分)一般4,000円 杉並区民3,200円 学生2,000円
会場 座・高円寺 地下3階 けいこ場2
定員 各クラス6名(先着順です)
※AクラスとBクラスは同じ内容です。どちらかをお選びください。




【お申し込み方法】


「講師名」「受講者名(ふりがな)」「職業(学生の人は学校名)」「住所」「電話番号」「メールアドレス」を
お電話またはメールで、下記担当までお知らせください。


申し込み用紙に必要事項をご記入、顔写真貼付の上、郵送またはメール添付にて、下記担当までお送りください。

申込書のダウンロードはこちらから↓

申込書(PDF)LinkIcon公開講座2020申込書(PDF)

申込書(Word)LinkIcon公開講座2020申込書(Word)

[杉並区民割引] 杉並区在住の方は20%割引料金で受講ができます。
※免許証、住民票、住所の記載があるパスポート、保険証、マイナンバーカード等を受講日初日にご持参ください。

[学生料金] 高校生、大学生、専門学校生、演劇研修所生の方は、学生料金で受講ができます。
※学生証、研修所の身分証等を受講日初日にご持参ください。

※定員に達した場合は、その時点で申し込みを締め切らせていただきますので、ご了承ください。

新型コロナウィルス感染拡大防止対策について
・座・高円寺入口にて、検温、靴裏・両手の消毒をしていただきます。・けいこ場は、喚起、消毒を十分に行い、一定の間隔を確保して授業を行います。・授業中は、マスクまたはフェイスシールドの着用をお願いいたします。

≪2020年11月から始まる講座≫ 終了しました。

パフォーマンスの未来―2020からの思考―

第2回 演劇における「移動」を
今(さら)考える (3日間) オンライン視聴可能


講師|内野儀(うちの・ただし) 
演劇評論家・学習院女子大学教授

1957年生まれ。日米の現代演劇を中心に、研究批評活動を展開。著書に『メロドラマの逆襲』『メロドラマからパフォーマンスへ』『Crucible Bodies』『「J演劇」の場所』など。

毎週月曜日/19時~21時
2020年
12月14日(月)
12月21日(月)
2021年
1月 11日(月・祝)


受講料(3日分)一般3,000円 杉並区民2,400円 学生1,500円
/オンライン1,500円
会場 座・高円寺 地下3階 けいこ場2
定員 20名(先着順)
※オンラインでの受講は、定員なし

演劇実践における「移動」について考えていました。あっというまに「移動制限」が来て、物理的移動がしにくくなり、ヴァーチャルな移動が推奨されています。しかし、やはり立ちどまるべきではないでしょうか。「元に戻る」のでも、「ニューノーマル」に逃走するのでもなく、「移動」を、今だからこそ/今さら考えるために。そんなことを念頭に、現代演劇の「これまで」と「これから」について、わたしがいろいろ見聞きしてきたことを中心に、3回にわたってシェアする会を開きたいと思います。 (内野儀より)
1)インターカルチュラリズムと国際共同制作 /2)フェスティヴァル・カルチャー(ズ) /3)ドメスティシティの終焉と単独性



俳優・舞台関係者のための実践実技

第2回 身体表現講座≪集中≫ 
カラダと、向きあってみる。(5日間)


講師|小野寺修二(おのでら・しゅうじ) 
カンパニーデラシネラ主宰

1995年パフォーマンスシアター「水と油」を結成。全作品の構成演出に関わる。2008年から「カンパニーデラシネラ」を主宰。振付家・パフォーマーとして活動の場を広げている。

集中5日間/10時~15時(途中で1時間休憩あり)
2021年
1月 5日(火)
1月 6日(水)
1月 8日(金)
1月12日(火)
1月13日(水)

受講料(5日分)一般10,000円 杉並区民8,000円 学生5,000円
会場 座・高円寺 地下2階 阿波おどりホール ほか
定員12名(書類選考があります)
申込締切 12月21日(月)必着
※選考の結果は、12月26日までにメールでお伝えします。

カラダは思っている以上に質感やリズム発していて、とても雄弁!……なのに時にままならない。台詞や言葉に頼らずにつたえる事、つたわる事に意識的になりたい。俳優でも演出家でも劇作家でもスタッフでも、カラダの表現に耳を傾ける5日間。











パフォーマンスの未来―2020からの思考―

第1回 ‘波動’を通して演劇を考える  (3日間)

講師|鴻英良(おおとり・ひでなが) 演劇批評家

2002年から04年までドイツの国際演劇祭ラオコオン(カンプナーゲル、ハンブルグ)の芸術監督を務める。著書に『二十世紀劇場─歴史としての芸術と世界』(朝日新聞社)、訳書にカントール『芸術家よ、くたばれ!』(作品社)など。

毎週水曜日/19時~21時
11月25日(水)
12月 2日(水)
12月 9日(水)

会場 座・高円寺 地下3階 けいこ場2
定員 20名(オンライン視聴の定員は特になし)
受講料(3日分)一般3,000円 杉並区民2,400円 学生1,500円
/オンライン1,500円

私はこれまで演劇の本質はThinking with Joy だと主張してきた。しかし、ここには重大な言葉が欠けていた。Togetherである。Thinking with Joy, Together、これこそが演劇の本質的姿だったのだ。私の思考が他者の思考と干渉しあう。劇場には波動のように伝わる何かが生起しているからだ。そのことは演劇の起源を巡る思考、<演劇の危機とポリス的生(ビオス・ポリティコス)の危機>というテーマ系へと私を誘う。ここから<革命なき戦争の時代の演劇のヴィジョン>という今日的問題系へどのようにたどり着くか。収容所の愉楽の只中においてパフォーマンスの未来への道を探ります。(鴻英良より)



俳優・舞台関係者のための実践実技

第1回 応用演劇ってなんだ?  (4日間)

講師|花崎攝(はなさき・せつ) シアター・プラクティショナー

劇場創造アカデミーで「応用演劇」(1年次)を担当。黒テントを経て、2010年から1年間渡英。応用演劇の理論と実践を学ぶ。障害のある人たちとの演劇活動、先住民の若者と環境を考えるプロジェクト(フィリピン)など国内外で継続中。演劇は具体的に人々をつなぎ、一緒に課題を見つめて表現し伝え合う媒体であると考えている。

毎週月曜日/14時~16時
11月30日(月)
12月 7日(月)
12月14日(月)
12月21日(月)

会場 座・高円寺 地下3階 けいこ場3
定員12名
受講料(4日分)一般4,000円 杉並区民3,200円 学生2,000円

教育演劇や民衆演劇、コミュニティー・シアター、障害のある人との演劇活動などで使われているシアターゲームや「被抑圧者の演劇」、物語を活用した方法を、実際に身体を動かして体験しながら、応用演劇とその拡がりを学んでみませんか。

「パフォーマンスの未来 ―2020からの思考―」は、劇場創造アカデミー1年次授業「パフォーマンス概論」担当の鴻英良さん、内野儀さん、佐々木敦さんと、「演劇概論」担当の高橋宏幸さんによる特別講座です。それぞれ3回の講義で、3月には4名にお集まりいただき「座談会」を開催する予定です。今後のスケジュールは、決定次第お知らせいたします。

≪2020年9月から始まる講座≫ ※受付は終了しました。

俳優のための演技講座

週末の午後にテキストを使ってみっちり演技の稽古します。
最後の日には、けいこ場でプチ発表も!

講師|生田萬(いくた・よろず) 劇作家・演出家

第1回  9月19日(土) 13時~17時
第2回  9月26日(土) 同上
第3回 10月 3日(土) 同上
第4回 10月17日(土)同上
第5回 10月24日(土)同上
第6回 11月14日(土)同上
第7回 11月15日(日)13時~15時 発表16時~







俳優・舞台関係者のための発声講座

「通りの良い声」ってどうやって出せるの? 
自分の身体に対する意識から変革しましょう!

講師|新田惠(ヴォイストレーナー)

[Aクラス] 14時~16時 
第1回  9月15日(火)
第2回  9月29日(火)
第3回 10月 6日(火)
第4回 10月13日(火)


[Bクラス] 17時~19時
第1回  9月15日(火)
第2回  9月29日(火)
第3回 10月 6日(火)
第4回 10月13日(火)



主催:NPO 法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
杉並区 地域の文化芸術拠点形成事業  
文化庁 令和2年度文化芸術創造拠点形成

【お申込み・お問合せ】
NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
劇場創造アカデミー担当:斉藤、安達
TEL 03-3223-7500 E-mail academy@theatre-koenji.jp