ニュース

前の10件
次の10件

貸館のための施設見学会のご案内【2023年9・10月】

 [2023.09.01]
座・高円寺のご利用を検討されている方に向けて、以下の日程で施設見学会を行います。舞台機構・機材について、また貸出のお申込み手順などもご説明いたします。ご利用予定の方は、こうした機会を是非、ご活用ください。

■2023年9月・10月の施設見学会■
9月 5日(火)11:00
10月10日(火)11:00

■見学施設■
座・高円寺2、阿波おどりホール(いずれも地下2階)

■見学会のお申込み&お問合せ■
座・高円寺 TEL03-3223-7500 (10:00-18:00)

※見学会は約1時間を予定しています。
※見学できる施設は座・高円寺2と阿波おどりホールのみです。
※定員は10人程度です。1グループにつき2名様までとさせていただきます。
※座・高円寺2及び阿波おどりホールのお申込みは「さざんかねっと」よりお願いします。
※今後の日程も順次、ホームページにてお知らせいたします。
※その他、詳細はお問い合わせください。

おとなのための演劇ワークショップ◎木野花さんとお芝居をつくろう!

 [2023.08.23]
仕事帰りに、日常のちょっとした息抜きに、
まるでテニスクラブに通うように
座・高円寺で演劇の楽しさを味わう二カ月間の演劇ワークショップ。
これまで10年、10代から70代まで、
舞台経験の有無を問わず、様々なみなさんに参加していただきました。
今年も木野花さんと一緒に、始めます。
おとなの演劇ワークショップ「劇団 座・高円寺2023」
是非、ご参加ください。

【ワークショップの進め方】
台本は皆さんの顔ぶれをみながら選びます。
これまでに上演してきた台本は、
別役実さんや竹内銃一郎さん、永井愛さんほか多数。
一本の戯曲を通しで上演することもあれば、抜粋によるオムニバス形式にすることもあります。
初日に本読みとキャスティングをおこなったら、
あとは台本をもとに稽古を進め、
最終日にお客さまを招いて発表会をおこないます。

【開催期間】
2023年10月17日(火)~2023年12月17日(日)@座・高円寺 けいこ場
【開催日時】 
10月17日(火)19:00~21:30 
10月24日(火)19:00~21:30 
11月10日(金)19:00~21:30 
11月17日(金)19:00~21:30 
11月21日(火)19:00~21:30 
11月23日(木)19:00~21:30★ 
11月28日(火)19:00~21:30 
12月1日(金)19:00~21:30 
12月9日(土)19:00~21:30 
12月13日(水)19:00~21:30 
12月14日(木)19:00~21:30★ 
12月15日(金)19:00~21:30 
12月16日(土)13:00~21:30 
12月17日(日)13:00~21:30
★木野さん不在の自主稽古日です。全日アシスタントがサポートします。また最終日は発表会があります。

【参加費】
 一般 19,600円 
 U25 15,400円
 杉並区民割 18,200円 

【開催場所】
 座・高円寺 地下3階 けいこ場

【申込締切】
 2023年9月25日(月)必着
   *結果は10月上旬までに全員にお知らせします。

【申込方法】
 申込用紙をダウンロードして必要事項を記入の上、郵送またはe-mailで、「座・高円寺 おとなのための演劇ワークショップ係」宛にお送りください。

【送付&お問合せ先】座・高円寺(担当 鹿島) 
〒166₋0002 杉並区高円寺北2丁目1番2号 
TEL:03₋3223-7500
e-mail :n.kashima@theatre-koenji.jp
(@を半角に変えてお送りください)

後援:杉並区 
企画・製作:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺

座・高円寺 次期芸術監督が決定 しました

 [2023.06.15]
座・高円寺の芸術監督の任期が
2023年6月30日をもって満了を迎えることに伴い、
杉並区により次期芸術監督の募集が行われました。

74名の方より応募があり、
杉並区立杉並芸術会館芸術監督選考委員会にて書類審査(第一次)、
プレゼンテーション・ ヒアリング(第二次 を行った結果、
次期芸術監督にシライケイタさんが任命されましたので、お知らせします。

詳細は区のホームページをご覧ください。



座・高円寺

【舞台機構スタッフ(業務委託)募集のお知らせです】

 [2023.06.14]
座・高円寺は、舞台芸術の創造と発信、地域に根ざした杉並区の文化活動の拠点です。
座・高円寺の「劇場」スタッフとして、私たちと一緒に働いてくださる方を募集します。
以下の応募要項をご覧いただき、関心をお持ちになった方は、ご応募ください。

【勤務場所】座・高円寺(杉並区立杉並芸術会館)
【職  種】舞台機構スタッフ
【職務内容】舞台運営管理に関する業務全般
舞台設備管理・安全管理、ホール貸出対応・打合せ など
【雇用形態】業務委託契約
【採用人数】1名
【採用時期】2023年8月1日(火)採用予定(応相談)、事前研修あり

【応募資格】
年齢、国籍、性別不問。
演劇・音楽などジャンルを問わず芸術文化に興味があり、劇場運営に関心がある方を希望します。
舞台運営管理の実務経験が3年以上ある方(2023年6月20日現在)。
健康で、何事にも積極的に取り組める方。
基本的なパソコン操作のできる方。図面(Vectorworks)作成ができることが望ましい。

【勤務条件】
契約金額:年俸制。当法人規定に基づき支給。経験・資格・技能・前職給与等を考慮の上決定。
勤務時間:8:45~22:15(内シフトによる)
休  日:月8~9日、シフトによる(土日祝日の勤務有り)、年末年始(12月29日~1月3日)
契約期間:2023年8月1日~2024年3月31日、3か月の試用期間あり(待遇は同じ)
以後、勤務実績を考慮し、年度毎の1年契約

【選考方法】
一次:書類選考
二次:一次合格者対象とする個別面接 

【応募方法】
以下の3点を、郵送で提出してください
①履歴書
②職歴書(書式自由、経験されてきたことがわかるよう具体的に記載ください)
③結果通知のための返信用封筒(長3号、84円切手を貼り宛先を明記したもの)
※書類に不備がある場合は無効となります。
また、応募書類は返却いたしませんのでご了承ください。こちらで適正に処分いたします。

【応募締切】2023年7月14日(金)必着

応募・問合わせ:
NPO法人劇場創造ネットワーク(座・高円寺 指定管理者)
〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2  Tel:03-3223-7500   
担当)総務

貸館のための施設見学会のご案内【2023年7月・8月】

 [2023.06.14]
座・高円寺のご利用を検討されている方に向けて、以下の日程で施設見学会を行います。舞台機構・機材について、また貸出のお申込み手順などもご説明いたします。ご利用予定の方は、こうした機会を是非、ご活用ください。

■2023年7月・8月の施設見学会■
7月4日(火)11:00
8月14日(月)14:00

■見学施設■
座・高円寺2、阿波おどりホール(いずれも地下2階)

■見学会のお申込み&お問合せ■
座・高円寺 TEL03-3223-7500 (10:00-18:00)

※見学会は約1時間を予定しています。
※見学できる施設は座・高円寺2と阿波おどりホールのみです。
※定員は10人程度です。また参加人数は、1グループにつき2名様までとさせていただきます。
※座・高円寺2及び阿波おどりホールのお申込みは「さざんかねっと」よりお願いします。
※今後の日程も順次、ホームページにてお知らせいたします。
※その他、詳細はお問い合わせください。

貸館のための施設見学会のご案内【2023年5月・6月】

 [2023.04.21]
座・高円寺のご利用を検討されている方に向けて、以下の日程で施設見学会を行います。舞台機構・機材について、また貸出のお申込み手順などもご説明いたします。ご利用予定の方は、こうした機会を是非、ご活用ください。

■2023年5月・6月の施設見学会■
5月16日(火)11:00
6月14日(水)11:00

■見学施設■
座・高円寺2、阿波おどりホール(いずれも地下2階)

■見学会のお申込み&お問合せ■
座・高円寺 TEL03-3223-7500 (10:00-18:00)

※見学会は約1時間を予定しています。
※見学できる施設は座・高円寺2と阿波おどりホールのみです。
※定員は10人程度です。また参加人数は、1グループにつき2名様までとさせていただきます。
※座・高円寺2及び阿波おどりホールのお申込みは「さざんかねっと」よりお願いします。
※今後の日程も順次、ホームページにてお知らせいたします。
※その他、詳細はお問い合わせください。

座・高円寺1◆2025年度の提携公演を募集します

 [2023.04.20]
座・高円寺1は、高い天井と、演目によって舞台・客席形状を自由に変えられる柔軟なな空間を持ち、作り手と観客、双方の想像力をかきたてる劇場です。
ここでは主催事業のほか、日本劇作家協会プログラムも上演していますが、
ここで上演する提携公演を募集します。

所定の申込用紙に必要事項をご記入いただき、
審査により決定します。
現在、2025年度(2025年4月~2026年3月)に提携を希望する団体を募集しています。
ご希望の団体は、2023年12月28日(日)までに、申し込み資料をご郵送ください。

《企画書送付にあたってのお願い》
・申込用紙は以下のリンク先からダウンロードできます。
 これまでの活動及び提携を希望する企画がわかる内容のものがあれば、
 併せてご郵送ください。
 ただし、お預かりした資料は返却いたしませんのでご了承ください。
・審査結果は2024年3月中にお知らせします。
・送付先:〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2 座・高円寺
 「2025年度_提携企画募集」係

尚、以下の期間は、劇場のレパートリーを優先します。この時期を避けてご予定ください。
 ・ゴールデンウィーク/7月下旬/9月~10月中旬/12月下旬/2月下旬


お問合せ:座・高円寺 03-3223-7500(提携企画募集係)
(2023年4月20日)

座・高円寺(杉並区立杉並芸術会館)次期芸術監督の公募のお知らせ

 [2023.04.11]
写真1
座・高円寺の次期の芸術監督の公募要項が発表されました。応募をお考えの皆さんに向けて、芸術監督佐藤信からのコメントをお届けします。

座・高円寺

*****************

座・高円寺(杉並区立杉並芸術会館)次期芸術監督の公募が始まりました。

劇場は〈生きもの〉です。
芸術監督は、劇場の未来への〈夢〉と〈道しるべ〉を思い描き、育て、その場所に生き生きとした〈感情〉と〈個性〉を生み出す仕事です。
地域とともにある公共劇場のあたらしい一歩のために、国内外の劇場創造にかかわる皆さんからの幅広い関心とご応募を期待しています。

(外国籍の方のご応募には、日本語による日常会話が可能な方という付帯条件がつきます)

2023年4月10日

座・高円寺芸術監督 佐藤 信

座・高円寺2023年度プログラム説明会を開催しました

 [2023.04.06]
写真1
先月3月28日(火)に、2023年4月~2024年3月に、座・高円寺で上演する、提携公演のみなさんにそれぞれの作品についてお話しいただく、座・高円寺プログラム説明会を行いました。

今年度のラインアップは、劇場の主催、提携、日本劇作家協会プログラム、あわせて32の公演、フェスティバル等を開催します。この日集まったのは、25人の創り手の皆さん。会場には80人近くの聴衆のみなさんが集まりました。

主催、劇場提携事業のあと、日本劇作家協会プログラムを紹介。
人と劇場と地域が重なり合って、座・高円寺だからというこだわりのある舞台をお届けします。お楽しみに。
それぞれの公演日や作品タイトルは、一覧表をご確認ください。みなさんのコメントは、劇場広報誌「座・高円寺」でも紹介しています。

座・高円寺(杉並区立杉並芸術会館)芸術監督退任と次期芸術監督公募のお知らせ

 [2023.03.01]
本年6月、任期満了に伴い座・高円寺芸術監督が交代する運びとなりました。
新しい芸術監督は、公募により募集します。
2月28日付で「次期『杉並芸術会館芸術監督』の選任に向けた取組について」杉並区より報告されたことを受け、
芸術監督佐藤信からのコメントを、皆さまへお届けします。

座・高円寺

*****************

お知らせ

2007年以来つとめてきた座・高円寺(杉並区立杉並芸術会館)芸術監督を、本年6月30日の任期をもって退任いたします。
基礎自治体における公共劇場の役割とあり方について、〈コミュニティシアター〉の構想のもとに取り組んだ16年間は、高円寺というエネルギーあふれる町の皆さまをはじめ、杉並区民の皆さま、さまざまな(海外にまでひろがる)劇場表現者と愛好家の皆さま、劇場スタッフと区担当者の方々との、幾重にも重なる出会いによって支えられた日々でした。
皆さまからいただいた、ご理解、ご支援、ご協力に、こころからのお礼を申し上げます。ほんとうにありがとうございました。
後任の芸術監督については、杉並区による公募がおこなわれます。
いまだに議論の多い公共劇場の芸術監督について、公募という開かれた方法による選任と、区非常勤職員という立場と責任の明確化は、芸術監督の制度的確立のための貴重な第一歩です。
あたらしい夢と知恵と躍動感にあふれたご応募を期待しています。

2023年3月1日 
佐藤信


ページの一番上へ戻る