ニュース

前の10件
次の10件
指定のニュースは現在公開されておりません。

貸館のための施設見学会のご案内【2019年9月・10月】

 [2019.08.21]
座・高円寺のご利用を検討されている方に向けて、以下の日程で施設見学会を行います。舞台機構・機材について、また貸出のお申込み手順などもご説明いたします。ご利用予定の方は、こうした機会を是非、ご活用ください。

■2019年9月・10月の施設見学会■
9月 3日(火)11:00
10月15日(火)11:00

■見学施設■
座・高円寺2、阿波おどりホール(いずれも地下2階)

■見学会のお申込み&お問合せ■
座・高円寺 TEL03-3223-7500 (10:00-18:00)

※見学会は約1時間を予定しています。
※見学できる施設は座・高円寺2と阿波おどりホールのみです。
※定員は20人程度です。また参加人数は、1グループにつき2名様までとさせていただきます。
※座・高円寺2及び阿波おどりホールのお申込みは「さざんかねっと」よりお願いします。
※今後の日程も順次、ホームページにてお知らせいたします。
※その他、詳細はお問い合わせください。

座・高円寺アルバイト募集 【事務室受付】

 [2019.06.17]
劇場2階にある事務室の受付アルバイトスタッフを募集します。
高円寺が好きな方、人との出会いを楽しめる方、是非、ご応募をお待ちしております。

◆ 募集スタッフ
事務室受付・貸館業務・チケット販売業務のサポート、電話の取次ぎ、来訪者の対応など窓口受付とパソコンへのデータ打ちこみ等の事務補助です。

2019年7月後半 から働ける18歳以上(高校生は除く)の方、若干名。
就業は、月8日以上16日以内。以下の3シフト制です。
A  8:45~13:15
B 13:15~17:30
C 17:30~22:00
勤務できるシフトを応募書類(履歴書)にご記入ください。
時給 1,000円 (研修期間 3ヵ月990円)
交通費 往復1000円以内実費支給

◆ 応募書類受付期間 2019年7月8日(月)必着
◆ 書類選考後に、面接を行います。詳細は下記にお問い合わせください。
◆  お問合せ/履歴書送付先
        〒166-0002
        杉並区高円寺北2-1-2 座・高円寺
        TEL 03-3223-7500
        担当:酒井・谷口

貸館のための施設見学会のご案内【2019年7月・8月】

 [2019.06.16]
座・高円寺のご利用を検討されている方に向けて、以下の日程で施設見学会を行います。舞台機構・機材について、また貸出のお申込み手順などもご説明いたします。ご利用予定の方は、こうした機会を是非、ご活用ください。

■2019年7月・8月の施設見学会■
7月9日(火)14:00
7月26日(金)11:00
8月13日(火)11:00

■見学施設■
座・高円寺2、阿波おどりホール(いずれも地下2階)

■見学会のお申込み&お問合せ■
座・高円寺 TEL03-3223-7500 (10:00-18:00)

※見学会は約1時間を予定しています。
※見学できる施設は座・高円寺2と阿波おどりホールのみです。
※定員は20人程度です。また参加人数は、1グループにつき2名様までとさせていただきます。
※座・高円寺2及び阿波おどりホールのお申込みは「さざんかねっと」よりお願いします。
※今後の日程も順次、ホームページにてお知らせいたします。
※その他、詳細はお問い合わせください。

おとなのための演劇ワークショップ「劇団 座・高円寺」2019 参加者募集!

 [2019.06.02]
写真1
たとえば、仕事帰りのカルチャークラブ、
あるいは、仲間とテニスを楽しむように、
劇場で演劇をやってみませんか?

今更だっていいじゃない、おとなも演劇やってみよう!

指導してくれるのは、女優で演出家の木野花さん。
杉並の、高円寺の、座・高円寺で、
おとなのための演劇ワークショップ「劇団 座・高円寺」!

毎週金曜の夜に、おとなの演劇。

さぁ、今年も始まります。

■演出・構成・監修:木野花
■会場:座・高円寺地下3階 けいこ場
■定員:15名程  
■料金(全13回):10,000円

■応募について
 ●条件:18歳以上の方
 ●方法・締切:申込用紙をダウンロードして、ご記入の上、
     顔写真(4cm×3cm)を貼付して、
     7月12日(金)消印有効で下記までご郵送ください。
 ●書類選考があります(全回出席できる方優先)。
   結果は全員に郵送でお知らせします。

■申込・お問合せ先/〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2
 座・高円寺おとなのための演劇ワークショップ係(担当 安達)
 TEL.03-3223-7500/ MAIL s.adachi@theatre-koenji.jp

杉並区 地域の文化芸術拠点形成事業
主催/NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺

助成:文化庁 2019年度 文化芸術創造拠点形成事業


ワークショップ日程 ※全13回(★印は自主稽古)
2019年
① 7月26日(金)  19:00~21:30
② 8月 9日(金)  19:00~21:30★
③ 8月16日(金)  19:00~21:30★
④ 8月23日(金)  19:00~21:30★
⑤ 8月30日(金)  19:00~21:30
⑥ 9月 6日(金)  19:00~21:30
⑦ 9月13日(金)  19:00~21:30
⑧ 9月20日(金)  19:00~21:30
⑨ 9月27日(金)  19:00~21:30
⑩10月 5日(土)  19:00~21:30 
⑪10月11日(金)  19:00~21:30
⑫10月18日(金)  13:00~21:30
⑬10月19日(土)  発表公演(2回) 
              13:00開演/17:00開演 予定

・13回の中には、セリフの確認や、演技を考えるための、
 自主稽古を含んでいます。
 この日は木野花さんは出席しませんが、稽古をスタッフがサポートします。
・台本は集まったみなさんの顔ぶれをみながら選びます。
 これまでは、木野花さん、岩松了さんの戯曲や、
 別役実さんのコントなどをオムニバスで上演してきました。

座・高円寺芸術監督 佐藤信が、第30回福岡アジア文化賞を受賞しました

 [2019.05.30]
写真1
アジアの学術研究や芸術・文化の分野において
顕著な業績をあげた人物に贈られる
「第30回福岡アジア文化賞」の芸術・文化賞に、
座・高円寺芸術監督の佐藤信が選ばれました。

1960年代より活動を始め、現代的感覚と伝統的美意識を融合させた優れた舞台を数多く製作し、岸田國士戯曲賞など数々の賞を受賞。演劇を通してアジアとの交流を行うほか、座・高円寺の芸術監督を務めるなど演劇人の育成にも熱心に取り組んでいることが評価されました。

30回目の節目を迎える今年、大賞には社会学者のランドルフ・ダビッド氏(フィリピン)、学術研究賞には歴史学者のレオナルド・ブリュッセイ氏(オランダ/東南アジア史専門家)が選ばれています。

座・高円寺、来館者200万人達成しました!

 [2019.05.19]
写真1
写真2
この5月で、10周年を迎えたばかりの座・高円寺。

劇場で公演を観る方、演じる方、
阿波おどりの練習にくる方、カフェを楽しむ方、
ギャラリーの展示品や演劇資料室の台本をご覧になる方、
稽古や、演劇の勉強をしにくる方、
座の市の美味しいものを食べにくる方、
建物の見学やお散歩途中にいらっしゃる方……。

2009年の開館から、それぞれお気に入りの時間を過ごすために、
たくさんの皆さんがここに集って、劇場の賑わいを作ってくださいました。

そして、昨日の扉座公演『百鬼丸』で、来館者数200万人を突破!
公演終演後のお時間をお借りして、
観客の皆さん、劇団の皆さんと、この喜びを共にできたことは、
さまざまな来館者を迎えようと重ねてきた思いが、
一つに結実した瞬間だったと思います。

これからも、多くの皆さんの日常に、
暮らしの中の劇場として浸透していけるよう、
変わらぬ努力を重ねてまいります。

これからも、座・高円寺にようこそ!




2019年5月19日
座・高円寺一同

座・高円寺ダンスアワードⅡが始まります!

 [2019.05.04]
「座・高円寺ダンスアワード」は、
これまで、毎年富山で行われているアーティスティック・ムーブメント・イン・富山(ART.M)「少人数による創作ダンスコンクール」と連携して、
同コンクールで受賞した大学生・専門学校生に向けて開催してきた企画です。
作品を再創造・上演するという過程で、プロのスタッフとともに、
自分の表現を追求する機会を設けてきました。

この度、10回目を迎える2020年の上演より、
企画名を「座・高円寺ダンスアワードⅡ」として、
台北芸術大学とのダンス共同プロジェクトを、
始めることにいたしました。
これまでの内容に加え、
台北芸術大学における1週間のダンスキャンプを加えることで、
同じ目標を持って学ぶアジアの学生たちとの交流を通して、
経験、表現、感性の幅を広げる機会につなげます。

同時に、ダンス創作における新たな可能性を求めて、
こうした経験のチャンスを、
意欲あるすべての学生に向けて開きます。

アーティスティック・ディレクターには、
これまでも本企画を牽引してきた竹屋啓子、
アソシエイト・アーティストに新たに
舞踏の工藤丈輝、コンテンポラリーダンスの川村美紀子を迎え、
劇場の照明、音響、舞台の専門スタッフとともに、
作品上演に向けての創作過程をフォローアップします。

つきましては、2020年1月の「座・高円寺ダンスアワードⅡ」に向けて、
参加希望する大学生・専門学校生を募集いたします。
大学の枠を越えてのお申込みも可能です。
是非、たくさんの皆さんからの応募をお待ちしております。

貸館のための施設見学会のご案内【2019年5月・6月】

 [2019.04.20]
座・高円寺のご利用を検討されている方に向けて、以下の日程で施設見学会を行います。舞台機構・機材について、また貸出のお申込み手順などもご説明いたします。ご利用予定の方は、こうした機会を是非、ご活用ください。

■2019年5月・6月の施設見学会■
5月13日(月)11:00
5月28日(火)11:00
6月11日(火)14:00
6月24日(月)11:00

■見学施設■
座・高円寺2、阿波おどりホール(いずれも地下2階)

■見学会のお申込み&お問合せ■
座・高円寺 TEL03-3223-7500 (10:00-18:00)

※見学会は約1時間を予定しています。
※見学できる施設は座・高円寺2と阿波おどりホールのみです。
※定員は20人程度です。また参加人数は、1グループにつき2名様までとさせていただきます。
※座・高円寺2及び阿波おどりホールのお申込みは「さざんかねっと」よりお願いします。
※今後の日程も順次、ホームページにてお知らせいたします。
※その他、詳細はお問い合わせください。

座・高円寺10周年 プログラム説明会を開催しました

 [2019.04.02]
写真1
写真2
座・高円寺のプログラム説明会は、毎年、年度の初めに、この劇場を支えてくださっている皆さん、そしてこの劇場の活動に関心を寄せてくださっている皆さんに向けて行っています。
主催事業の紹介だけでなく、その年の提携公演の劇作家、演出家の皆さんにもお集まりいただき、
ご自身の上演作品について、あるいは活動について、直接、お話しいただく時間を設けています。
それぞれの公演は上演時期が異なりますので、この劇場で上演する団体のみなさんが、一堂に会する唯一の機会となります。
10周年の今年は、昨日4月1日にプログラム説明会を開催し、
主催・提携公演から25人のアーティストが集まりました。
二部では、「私のこの十年」をテーマに、3人の劇作家・演出家たちによる座談会を行いました。

劇場10周年の記念プログラムとしては、芸術監督佐藤信の演出で、新しいレパートリー公演、エドワード・ボンド作『男たちの中で~In the Company of Men』を、10月に上演することが決まっています。

2019年度の年間ラインアップは、PDFでご覧いただけます。

尚、劇場ステージ回数券「なみちけ」は、今年度発行のものより、年度に関係なく、有効期間が購入日より1年となります。お好きな時に、期限の残りを気にせずにご購入いただけますので、是非、ご利用ください。

座・高円寺10周年を祝うロゴマークが決定しました

 [2019.03.31]
写真1
5月に迎える座・高円寺10周年を前に、
この記念の年を祝うロゴマークを、区内の中学生から募集しました。

杉並区の学校に通う中学生の皆さんは、
小学4年生の時、座・高円寺の子どもたちのための企画「劇場へいこう!」で、この劇場に来てお芝居を観ています。
劇場や、作品について、どんな風に感じたのか、
いまも覚えている劇場に対する気持ち、
そして、これからの希望を、ロゴという形で表現してもらいました。

集まった30作品それぞれに、
劇場へのいろいろなメッセージが込められ、
さまざまな工夫がなされて、
すべてに「感激賞」を贈りたい程、嬉しい!!!
その中から、この4月に高井戸中学校の3年生になる
込山花緒さんの作品を採用することになりました。

この一年、劇場発行の印刷物や、館内の展示など、
あちこちのシーンで、使っていきます。

■込山さんの作品へのコメント■
杉並区のシンボルでもある「座・高円寺」が、訪れた人を、物語の世界へといざなうような、そんなゆかいな光景を、10周年を祝う文字と共に、ロゴマークにしてみました。
ページの一番上へ戻る