この催し物は終了いたしました
25
冬の劇場
[ドキュメンタリー映像]
第12回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルの写真
映画・テレビの枠を超えたドキュメンタリー映像の祭典

第12回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル

特集・”時間(とき)”を記録する
*新型コロナウイルス感染症の拡大防止の呼びかけに基づき、終演時間が早まるよう、スケジュールを変更しています*

プログラムディレクター:山崎裕
ゲスト・セレクター:是枝裕和、森達也、諏訪敦彦、金平茂紀
トークゲスト:清水良雄、河合宏樹、齋藤陽道、大島新、田原総一朗、坂上香、信田さよ子、キム・ドンウォン、安田菜津紀、大宮浩一、チュ・サンミ、小林三四郎、藤井誠二、井上修、ダミアン・マニヴェル、広瀬奈々子、今野勉、河瀨直美、望月衣塑子、森山未來、井上剛、岩崎太整
期間2021年02月10日(水)~02月14日(日)
会場座・高円寺2
チケット発売日
チケット発売中
発売開始日:2021年02月03日(水)
ドキュメンタリーの魅力と可能性を再発見するフェスティバル。今年のテーマは『”時間”(とき)を記録する』。作り手と取材対象との時間の共有の記録として、作品における”演出”や”仕掛け”についてもゲスト・セレクターやトークゲストの皆さんと共に、思考を拡げていきます。
作品解説・みどころ
映画やテレビ映像の別なく、優れたドキュメンタリー作品を集めて上映する
“座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル”。

第12回目を迎える今年の特集テーマは「時間(とき)を記録する」。
ドキュメンタリーは対象との時間の共有の記録でもある。長期にわたっての取材、あるいは“ある瞬間”を切り取る試みなど、作り手と取材対象との関わりにおける“時間”について考察したいと思います。また、ドキュメンタリーにおける “演出”や”仕掛け”についても、考えを拡げるつもりです。
ゲストの方々も座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルらしい、ゆたかな顔ぶれが集まりました。
―――山崎裕(プログラムディレクター)

・・・・・

2月10日(水)
○10:15~ (特集・カメラマン|奥村祐治)
『青年の海 四人の通信教育生たち』 
 11:15~トーク ゲスト:清水良雄(カメラマン)  山崎裕(プログラムディレクター) 田原総一朗(ビデオインタビュー)

○12:10~(特集・唄が生まれた“時間”)
『うたのはじまり』
 13:40~トーク ゲスト:河合宏樹(本作監督) オンライン参加:齋藤陽道(本作出演)
 
○14:40~(特集・見つめ続けた“時間”)
『なぜ君は総理大臣になれないのか』
 16:40~トーク ゲスト:大島新(本作監督)  オンライン参加:田原総一朗(ジャーナリスト)

★17:40~ (是枝裕和セレクション)
『絵描きと戦争』
 19:20~トーク ゲスト:是枝裕和(映画監督/オンライン参加)


2月11日(木・祝)
○10:30~ (特集・閉ざされた“時間”)
『プリズン・サークル』
 12:50~トーク ゲスト:坂上香(本作監督) 信田さよ子(原宿カウンセリングセンター所長)

○13:50~ (金平茂紀セレクション)
『送還日記』
 16:20~トーク ゲスト:金平茂紀(ジャーナリスト) キム・ドンウォン(本作監督/オンライン参加)
 
○17:30~ (特集・戦火の中の命の“時間”)
『娘は戦場で生まれた』
 19:10~トーク ゲスト:安田菜津紀(フォトジャーナリスト)


2月12日(金)
○10:00~ (特集・離島に流れる“時間”)
『島にて』
 11:40~トーク ゲスト:大宮浩一(本作監督)

○12:40~ (特集・失われた“時間”)
『ポーランドへ行った子どもたち』
 14:05~トーク ゲスト:小林三四郎(本作配給) チュ・サンミ(本作監督/オンライン参加・通訳:成川彩)

○15:15~ (特集・占領下に流れた“時間”)
『沖縄エロス外伝 モトシンカカランヌー』
 16:50~トーク ゲスト:藤井誠二 (ノンフィクションライター)  井上修(NDUメンバー)

○17:50~ (諏訪敦彦セレクション)
『イサドラの子どもたち』
 19:20~トーク ゲスト:諏訪敦彦(映画監督) ダミアン・マニヴェル (本作監督/オンライン参加)

2月13日(土)
○10:00~ (特集・化粧される本の“時間”)
『つつんで、ひらいて』
 11:35~トーク ゲスト:広瀬奈々子(本作監督)

○12:25~(特集・“時間”を丸ごと記録する)
『エルミタージュ幻想』
 14:05~トーク ゲスト:今野勉(演出家・脚本家)

○15:00~ (特集・自分探しの“時間”)
『につつまれて』『きゃからばあ』
 16:30~トーク ゲスト:河瀨直美(本作監督/オンライン参加)

○17:30~(森達也セレクション)
『i ─新聞記者ドキュメント─』(ディレクターズカット版)
 19:25~トーク ゲスト:森達也(本作監督)  望月衣塑子(本作出演)


2月14日(日)
○10:00~ コンペティション部門入賞作品上映&大賞作品の発表(終了予定17時45分)

★18:15~ (特集・踊り続けた異国の“時間”)
『森山未來 自撮り365日 踊る阿呆』
 19:25~トーク ゲスト:森山未來(本作出演)  井上剛(本作ディレクター)  岩崎太整(本作音楽)


★印は無料参考上映です。上映は無料ですが、上映後のトークは有料です。
 入場は、チケットをお持ちの方からの優先入場となります。
○印はゲスト・セレクション、特集上映、コンペティション部門入賞作品
協力:(株)neo P&T、(株)104

映像提供:アテネ・フランセ文化センター、スペースシャワーネットワーク、ネツゲン、RKB毎日放送、東風、シグロ、トランスフォーマー、太秦、プラネット映画資料図書館/NDU、コピアポア・フィルム、マジックアワー、パンドラ、組画、スターサンズ、NHK

主催:座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル実行委員会
共催:(株)ドキュメンタリージャパン
後援:芸術文化振興基金助成事業
提携:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
スケジュール
この催し物は終了いたしました
日時02/08
(月)
02/09
(火)
02/10
(水)
02/11
(木)
02/12
(金)
02/13
()
02/14
()
10:00
※スタート時間は、日によって異なります。スケジュールの詳細は上記をご覧ください。
キャスト border=
【プログラムディレクター】
 山崎裕

【ゲスト・セレクター】
是枝裕和(映画監督)
森達也(映画監督、作家)
諏訪敦彦(映画監督)
金平茂紀(ジャーナリスト)

【トークゲスト】
清水良雄(カメラマン)
河合宏樹(本作監督)
齋藤陽道(上映作出演)
大島新(上映作監督)
田原総一朗(ジャーナリスト)
坂上香(上映作監督)
信田さよ子(原宿カウンセリングセンター所長)
キム・ドンウォン(上映作監督)
安田菜津紀(フォトジャーナリスト)
大宮浩一(上映作監督)
小林三四郎(上映作配給)
チュ・サンミ(上映作監督)
藤井誠二 (ノンフィクションライター)
井上修(NDUメンバー)
ダミアン・マニヴェル (上映作監督)
広瀬奈々子(上映作監督)
今野勉(演出家・脚本家)
河瀨直美(上映作監督)
望月衣塑子(上映作出演)
森山未來(上映作出演)
井上剛(上映作ディレクター)
岩崎太整(上映作音楽)


【コンペティション部門審査員】
佐藤信(劇作家、演出家、座・高円寺芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
足立正生(映画監督)
伊勢真一(ドキュメンタリー映画監督)
林加奈子(映画祭ディレクター)
チケット情報
入場料金
なみちけ」ご使用になれます
【全席自由/税込】
○ゲスト・セレクション、特集上映、コンペティション部門入賞作品(1回券)
 前売券(前日まで) 1,300円/当日券 1,500円
-----
○3回引換券 前売券のみ 3,500円〈販売は2/9(火)まで〉
 ※会期当日、地下2階受付で、お好きな回〈3回分〉の日時指定チケットとお引換えが必要です。
 ※1回券の前売券が完売した場合はご利用いただけません。  確実にご覧になりたい作品は、1回券のご購入をお薦めします。

【チケットに関する注意事項】
※前売券が完売した場合は、当日券の販売はございません。
※前売券の払い戻し、交換、再発行はいたしません。
-----

※コンペティション部門入賞作品は、1枚のチケットで全ての入賞作品をご覧いただけます。
※席に限りがございますため、無料参考上映の入場はチケットをお持ちの方から先着順で行い、満席となった際は入場をお断りする場合がございます。ご容赦ください。
※障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り、1割引きになります。
※今回はロビーの混雑を避けるために、整理券を配布します。整理券の配布開始時間は初回の上映開始1時間前を予定しています。
※新型コロナウイルス感染症を理由としない、お客様都合による前売り券の払い戻し、交換、再発行はいたしません。
チケット販売窓口
座・高円寺チケットボックス(月曜定休)
03-3223-7300(TEL10:00〜18:00/窓口10:00〜19:00)
座・高円寺WEBチケット
https://www.e-get.jp/za-koenji/pt/
チケットぴあ
http://pia.jp/t/
0570-02-9999 
Pコード:【ゲスト・セレクション/551-362】、【特集上映・コンペティション部門入賞作品/551-363】、【3回引換券/468-011】
チケットぴあ
http://t2.pia.jp/cinema/
0570-02-9999
チケットぴあのお店(直接購入) 10:00~20:00
(営業時間は店舗によって異なります)
直接購入
お問合せ
「座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」実行委員会
http://zkdf.net/
03-5570-3551
za.koenji.documentary@gmail.com 
この催し物は終了いたしました
ページの一番上へ戻る