26
冬の劇場
[ドキュメンタリー映像]
第11回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルの写真
映画・テレビの枠を超えたドキュメンタリー映像の祭典

第11回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル

ダイバーシティ ―多様性―
プログラムディレクター:山崎裕
ゲスト・セレクター:是枝裕和、森達也、井浦新、諏訪敦彦、金平茂紀
トークゲスト:筒井武文、安田菜津紀、原田美枝子、杉山忠夫、斉加尚代、葛山喜久、川井田博幸、樹梨杏、井戸隆明、西原孝至、国分拓、高野秀行、山上徹二郎、有田浩介、山口秀矢、吉岡忍
公演期間2020年02月07日(金)~02月11日(火)
会場座・高円寺2
チケット発売日
チケット発売中
発売開始日:2020年01月11日(土)
ドキュメンタリーの魅力と可能性を再発見するフェスティバル。今年のテーマは『多様性』。映像作品の上映と製作関係者や造詣の深い皆さんによるトークショーを通じて、様々な価値観が渦巻く「多様性」の時代を見つめます。
作品解説・みどころ
映画やテレビ映像の別なく、優れたドキュメンタリー作品を集めて上映する
“座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル”。

ドキュメンタリーはカメラの発明と共に出発した。
テレビジョンとは”遠くを見る”という意味でもある。
ドキュメンタリーの映像は”知られざる世界”を伝えてきたのだろう。
ある者は遠くの”辺境”を目指し、またある者は”異文化”に向き合った。
第11回目を迎える今年の特集テーマは「ダイバーシティ―多様性―」。人種・宗教・ジェンダーetc.異なる価値観が渦巻く多様性の時代に、ドキュメンタリーが果たす役割とは何かを問いかけます。
ぜひ、劇場でお確かめください。

・・・・・

2月7日(金)
○12:00~ 〈特集・カメラマン「鈴木達夫」〉『「佐賀県」「鹿児島県」』/
              13:00~トークイベント(筒井武文×山崎裕)
○14:00~ 〈特集・ダイバーシティ〉『ヒューマン・フロー 大地漂流』/16:20~トークイベント(安田菜津紀)
○17:30~ 〈特集・ダイバーシティ〉『女優 原田ヒサ子』/17:55~トークイベント(原田美枝子)
★19:15~ 〈是枝裕和セレクション〉
     〈NONFIX〉『しかし...福祉切り捨ての時代に』/20:15~トークイベント(是枝裕和)

2月8日(土)
★11:00~ 〈特集・ダイバーシティ〉『鳥葬の国 ムスタン』/
              12:00~トークイベント(杉山忠夫×山崎裕)
○13:15~ 〈特集・ダイバーシティ〉『渚のふたり』※バリアフリー版上映/14:42~ビデオメッセージ(イ・スンジュン監督)
★16:00~ 〈森達也セレクション〉
     『教育と愛国~教科書でいま何が起きているか~』/
              17:00~トークイベント(森達也×斉加尚代)
○18:15~ 〈井浦新セレクション〉
     『岡本太郎の沖縄』/20:20~トークイベント(井浦新×葛山喜久)

2月9日(日)
○11:00~ 〈特集・ダイバーシティ〉『極北のナヌーク』/12:20~トークイベント(川井田博幸×山崎裕)
○13:15~ 〈特集・ダイバーシティ〉『恋とボルバキア』/14:50~トークイベント(樹梨杏×井戸隆明)
○16:00~ 〈特集・ダイバーシティ〉『これは君の闘争だ』/17:35~トークイベント(西原孝至)
★18:30~ 〈特集・ダイバーシティ〉『アウラ』+上映前トーク(国分拓)/20:20~トークイベント(高野秀行)

2月10日(月)
○11:00~ 〈特集・ダイバーシティ〉『シベリヤ人の世界』/12:40~トークイベント(山上徹二郎)
○13:30~ 〈特集・ダイバーシティ〉『セメントの記憶』/15:00~トークイベント(有田浩介)
○16:00~ <諏訪敦彦セレクション>
     『自画像:47KMの窓』/17:50~トークイベント(諏訪敦彦)
○19:00~ <金平茂紀セレクション>
     『共犯者たち』/20:45~トークイベント(金平茂紀)

2月11日(火・祝)
○10:00~ コンペティション部門入賞作品上映
★18:00~ 〈特集・ダイバーシティ〉『ボルトとダシャ マンホールチルドレン20年の軌跡』/
              19:50~トークイベント(山口秀矢×吉岡忍)
20:30~ コンペティション部門入賞作品・大賞表彰式&入賞者トーク&閉会式(入場無料)

★印は無料参考上映です。上映は無料ですが、上映後のトークは有料です。
 入場は、チケットをお持ちの方からの優先入場となります。
○印はゲスト・セレクション、特集上映、コンペティション部門入賞作品
協力:(株)neo P&T、(株)104

映像提供:岩波映像、キノフィルムズ、原田美枝子、分福、日本映像記録センター、シグロ、
毎日放送、シンプルモンク、グループ現代、東風、山形国際ドキュメンタリー映画祭、
NHK、東宝ステラ、サニーフィルム、えふぶんの壱

主催:座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル実行委員会
共催:(株)ドキュメンタリージャパン
後援:杉並区、芸術文化振興基金助成事業
提携:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
スケジュール
日時02/03
(月)
02/04
(火)
02/05
(水)
02/06
(木)
02/07
(金)
02/08
()
02/09
()
11:00
日時02/10
(月)
02/11
(火)
11:00
※スケジュールの詳細は上記をご覧ください。
キャスト border=
【プログラムディレクター】
 山崎裕

【ゲスト・セレクター】
 是枝裕和(映画監督)
 森達也(映画監督、作家)
 井浦新(俳優、上映作語り)
 諏訪敦彦(映画監督)
 金平茂紀(ジャーナリスト)

【トークゲスト】
 筒井武文(映画監督)       安田菜津紀(フォトジャーナリスト)
 原田美枝子(上映作監督、女優)  杉山忠夫(上映作ディレクター)
 斉加尚代(上映作ディレクター)   葛山喜久(上映作監督)
 川井田博幸(映画プロデューサー)  樹梨杏(上映作出演者)
 井戸隆明(上映作出演者)     西原孝至(映画監督)
 国分拓(上映作ディレクター)    高野秀行(ノンフィクション作家) 
 山上徹二郎(映画プロデューサー)  有田浩介(上映作配給)
 山口秀矢(上映作プロデューサー)  吉岡忍(ノンフィクション作家)

【コンペティション部門審査員(予定)】
 佐藤信(劇作家、演出家、座・高円寺芸術監督)
 橋本佳子(映像プロデューサー)
 足立正生(映画監督)
 秋山珠子(立教大学アジア地域研究所研究員、字幕翻訳者)
 金子遊(映像作家、批評家)
チケット情報
入場料金
なみちけ」ご使用になれます
【全席自由/税込】
○ゲスト・セレクション、特集上映、コンペティション部門入賞作品(1回券)
 前売券 1,300円/当日券 1,500円
-----
○3回引換券 前売券のみ 3,500円〈販売は2/6(木)まで〉
 ※お好きな上映回〈3回分〉の1回券とのお引換えが必要です。
  お引換えは、2/7(金)11時以降よりB2F会場前受付で行います。
 ※1回券の前売券が完売した場合はご利用いただけません。
  確実にご覧になりたい作品は、1回券のご購入をお薦めします。

【チケットに関する注意事項】
※前売券が完売した場合は、当日券の販売はございません。
※前売券の払い戻し、交換、再発行はいたしません。
-----
※前売券は、すべての取扱い場所で、上映前日までの販売となります。
※チケットは、すべての回が日時指定です。
※「コンペティション部門入賞作品」上映に限り、
 1回券1枚ですべての入賞作をご覧いただけます。
※席に限りがございますため、無料参考上映の入場は
 チケットをお持ちの方から先着順で行い、満席となった際は
 入場をお断りする場合がございます。ご容赦ください。
チケット販売窓口
座・高円寺チケットボックス(月曜定休)
03-3223-7300(TEL10:00〜18:00/窓口10:00〜19:00)
座・高円寺WEBチケット
https://www.e-get.jp/za-koenji/pt/
チケットぴあ
http://pia.jp/t/
0570-02-9999 
Pコード:【ゲスト・セレクション/550-862】、【特集上映・コンペティション部門入賞作品/550-863】、【3回引換券/467-905】
直接購入
チケットぴあのお店 10:00~20:00
(営業時間は店舗によって異なります)
お問合せ
「座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」実行委員会
http://zkdf.net/
03-5570-3551
za.koenji.documentary@gmail.com 
ページの一番上へ戻る