32
春の劇場
[ダンス]
[舞踏]
燦・月譚の写真
とりふね舞踏舎

燦・月譚

―聞こえますか、私はここにいる―
演出・構成・振付:三上宥起夫
作曲:J・A・シーザー
出演:三上賀代、若林淳(ゲスト) ほか
公演期間2020年03月18日(水)~03月22日(日)
会場座・高円寺1
チケット発売日
チケット発売中
発売開始日:2019年12月17日(火)
土方巽に師事した三上賀代と、元・劇団天井桟敷メンバーで作家の三上宥起夫によって1991年に創立された、とりふね舞踏舎。『燦・月譚』の初演は1996年。多くの人を巻き込んで上演してきた本作を、今回は異国籍の出演者たちを交えてお届けします。
作品解説・みどころ
除夜の鐘の、鐘と鐘の一瞬の静謐な狭間、そこは彼の世と此の世が交差する踊り場である。
百八つある煩悩の数は無限の比喩である。
無限の踊り場がある。
この踊り場を舞台として誕生したのが日本で生まれた暗黒舞踏である。
思い出は煌めく冥界、ひたむきに生きている今が現世である。

燦・月譚は輝ける死者の物語。
明るい暗黒舞踏を標榜し、老・壮・青の様々な齢を重ねた人たちによる〈とりふね舞踏舎〉の命のカーニヴァルである。
藤沢市民会館小ホール初演以来国内で再演を重ね、イタリア、ミラノの前衛演劇三大拠点の一つフランコ・パレンティ劇場での公演は〈奇跡の公演〉といわれた。

――三上宥起夫(座・高円寺フリーマガジン22号)
主催:とりふね舞踏舎

後援:杉並区
提携:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
スケジュール
日時03/16
(月)
03/17
(火)
03/18
(水)
03/19
(木)
03/20
(金)
03/21
()
03/22
()
14:00
19:30
☆印公演(3/21)=託児サービスあり(対象:1歳~未就学児/定員あり/要予約/1,000円)。観劇日の1週間前までに劇場チケットボックス(TEL03-3223-7300)まで、お申し込みください。
スタッフ
演出・構成・振付:三上宥起夫

作曲:J・A・シーザー

舞台美術:小林芳雄

照明:(有)アンビル 河合直樹
音響:曽我傑

衣裳:北上亜矢
染:辛島廣子
オブジェ:鈴木朝湖
衣裳製作:湘南舞踏派

舞台監督:吉村聡浩

舞台美術助手:清水一忠
制作補:岩木すず
制作:とりふね舞踏舎
キャスト border=
三上賀代
若林淳(ゲスト)

小川あつ子
内田征代  
村上皇太后
沢田樹里  
平井紫乃
多屋民   
中井公
西尾美理  
角津麻由
五月女侑希 
田中遙夏
平井虹生
ほし☆さぶろう
花名 Kanna
Eric Larsen
Zack Wood 
Cieon Hilton
Audrey Eisenauer
Miyashita Maria Nana
佐藤雄司
正學居士
ほか
チケット情報
入場料金
全席自由 
一般 4,000円(税込)
早割(2月末までにご予約・ご購入) 3,500円(税込)
なみちけ」ご使用になれます
以下は、とりふね舞踏舎でのみ取扱い。学生券(★)は、要証明書提示
 学生★:3,500円/早割3,000円
 ペア割:一般6,500円、学生★5,500円

※未就学のお子様はご入場いただけません。
※車椅子のままでご観劇をご希望の方のために、車椅子スペースを用意しております(定員あり/要予約)。車椅子の大きさに制限がございますため、お申し込みの際にお問合せください。■問合せ先:劇場チケットボックス03-3223-7300
※障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り、1割引になります。
チケット販売窓口
座・高円寺チケットボックス(月曜定休)
03-3223-7300(TEL10:00〜18:00/窓口10:00〜19:00)
座・高円寺WEBチケット
https://www.e-get.jp/za-koenji/pt/
Confetti(カンフェティ)
http://confetti-web.com/torifunebutohsha
0120-240-540(平日10:00~18:00)
とりふね舞踏舎
【メール 予 約】torifunebutohsha@hb.tp1.jp
【郵便振替申込】口座番号:00270-7-49323 振込先:とりふね舞踏舎
   ※通信欄にご来場日時を明記。
    当日受付にて振込票をご提示ください。
お問合せ
とりふね舞踏舎
http://www.torifune.jp/
090-7822-2810(角津)
ページの一番上へ戻る