08
夏の劇場
[演劇]
アミとナミの写真
劇団桃唄309

アミとナミ

日本劇作家協会プログラム
作・演出・音楽:長谷基弘
出演:楠木朝子、佐藤達、國津篤志、山西真帆、富山聡子、小林あや、五十嵐ミナ、竹田まどか、石坂純、中嶌聡、元尾裕介、綾田將一、キタタカシ、中野架奈、山口泰央
公演期間2019年06月12日(水)~06月16日(日)
会場座・高円寺1
チケット発売日2019年04月16日(火)
社会が抱える差別と偏見の歴史、その中から見えてくる人間の切なくも美しい姿。2016年に続き、ハンセン病を暑かった長編の二作目。元患者との交流を得て、今後も向き合い続けていくべき私たちに向けて描いた新作です。
そえられた てのぬくもりと こきゅうおん
ひとがきらい ひとがすき
作品解説・みどころ
私たちが座・高円寺でハンセン病を扱った新作劇をつくるのは、
2016年に上演した『風が吹いた、帰ろう』に続き、これが二回目です。
前回の劇をつくる過程で様々な出会いがあり、元患者の方々だけでなく、
彼らを支える人たちの存在にも改めて触れました。
ハンセン病のことを知っていけばいくほど、人間社会の醜さや残酷さを思い知らされもしますが、
同時に、人間には切なくも輝く美しさが確かに存在することも、なぜだか信じられます。
今回お届けする『アミとナミ』でも、差別と偏見の歴史と、その今を扱いつつ、
見終わった後に街ですれ違う人たちがまぶしく感じられ、
どこか勇気づけられるような劇にしたいと思っています。

――長谷基弘(座・高円寺フリーマガジン21号より)
企画・製作:ウィンドミルオフィス/劇団桃唄309
助成:芸術文化振興基金

後援:杉並区
提携:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
スケジュール
日時06/10
(月)
06/11
(火)
06/12
(水)
06/13
(木)
06/14
(金)
06/15
()
06/16
()
14:00
19:00
◎印(6/14の19時公演)=終演後、ポストトークあり。
●印(6/15の14時公演)=終演後、バックステージツアーあり。

☆印&●印(6/14・15の各14時公演)=託児サービスあり(対象:1歳~未就学児/定員あり/要予約/料金1,000円)。観劇日の1週間前までに劇場チケットボックス(TEL03-3223-7300)まで、お申込みください。
スタッフ
作・演出・音楽:長谷基弘

舞台監督:松本憲治
照明:伊藤馨
音響:竹下好幸

運営制作:山田杏子(鼬屋)
キャスト border=
楠木朝子
佐藤達
國津篤志
山西真帆
富山聡子
小林あや
五十嵐ミナ(office HATTA)
竹田まどか
石坂純(劇団ひまわり)
中嶌聡
元尾裕介(カムカムミニキーナ)
綾田將一
キタタカシ
中野架奈
山口泰央(劇団ひまわり)
チケット情報
入場料金
全席指定 
一般 4,000円(税込)
なみちけ」ご使用になれます
はや割 3,500円(要5/15までのお申込み)、学生 2,000円(当日要学生証)、小中高生 1,000円は、劇団のみ取扱い。

※未就学のお子様はご入場いただけません。
※開演時間を過ぎてのご入場は、指定の席番にご案内できない場合がございます。
※車椅子のままでご観劇をご希望の方のために、車椅子スペースを用意しております(定員あり/要予約)。車椅子の大きさに制限がございますため、お申込みの際にお問合せください。■問合せ先:劇場チケットボックスTEL03-3223-7300
※障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り、1割引になります。
チケット販売窓口
座・高円寺チケットボックス(月曜定休)
03-3223-7300(TEL10:00〜18:00/窓口10:00〜19:00)
座・高円寺WEBチケット
https://www.e-get.jp/za-koenji/pt/
劇団桃唄309
https://teketsu.jp/box/board/product/4
080-9676-3553(各公演日の前日まで)
FAX:03-3314-2446(各公演日の2日前まで)
E-Mail:atn-2019@softbank.ne.jp
-----
(1)お名前、(2)公演日時・券種・枚数、(3)ご住所、(4)ご連絡先電話番号をお知らせください。受付完了後、劇団より確認のご連絡をいたします。
お問合せ
ウィンドミルオフィス・劇団桃唄309
080-9676-3553
office@momouta.org 
ページの一番上へ戻る