07
夏の劇場
[演劇]
過激にして愛嬌あり 宮武外骨伝の写真
演劇集団ワンダーランド 第46回公演

過激にして愛嬌あり 宮武外骨伝

日本劇作家協会プログラム
作・演出:竹内一郎
出演:武末志朗、松村 穣、岡本高英、中田寿輝、本郷小次郎、高橋亜矢、桑島義明、嚴樫佑介、茨木 学、木ノ下椿、北村りさ、葉山奈穂子、成澤奈穂、小川友暉、竹 良光、遠田恵理香、髙橋明日香、三谷千季、光永勇輝、山田久海
公演期間2019年06月05日(水)~06月09日(日)
会場座・高円寺1
チケット発売日2019年04月20日(土)
「さいふうめい」の筆名を持ち、演出や劇作以外にも漫画原作や専門書籍執筆など幅広く活躍する主宰の竹内一郎。近年、己を通して生きた「稀人伝」シリーズで、稀人のキング・オブ・キングスと認めるを、明治時代を生きたジャーナリスト、宮武外骨を描きます。
その男、危険すぎる――
敵味方に簡単に分かれない巨きさが魅力の博覧強記
天下無敵の大稀人
作品解説・みどころ
宮武外骨(がいこつ)といっても、初めてその名を聞く人もいるでしょう。
明治時代を代表する「頓智と反骨」のジャーナリストで、薩摩・長州の藩閥政治を徹底的に批判した人です。何しろ三度投獄されても、懲りない硬骨漢。
彼が発刊した雑誌名は『頓智協会雑誌』『滑稽新聞』など。
モットーは「過激にして愛嬌あり」。
「愛嬌あり」というのが、最近は評価されにくい。ちょっと残念です。
本作品は外骨の評伝劇ではありますが、明治時代と現代を行ったり来たりする趣向になっています。茶目っ気のある人だから、茶目っ気たっぷりのわかりやすい趣向でお届けします。
もちろん、外骨の持つ反骨の「魂」は込めてあります。


――竹内一郎(座・高円寺フリーマガジン21号より)
主催:一般社団法人演劇集団ワンダーランド
後援:杉並区
提携:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
スケジュール
日時06/03
(月)
06/04
(火)
06/05
(水)
06/06
(木)
06/07
(金)
06/08
()
06/09
()
14:00
19:00
☆印公演(6/8の14時)=託児サービスあり(対象:1歳~未就学児/定員あり/要予約/料金1,000円)。観劇日の1週間前までに劇場チケットボックス(TEL03-3223-7300)までお申込みください。
スタッフ
作・演出:竹内一郎

脚本協力:中島直俊
舞台美術:松野 潤
作曲:日高哲英

音響:山﨑純一(TEO)
照明:根橋生江((有)ライティングユニオン)
衣装:吉田恭子(劇団俳小)
舞台監督:小松明人(幻奏ボレロ)

協力スタッフ:岡崎真弓
制作:浜田和美 中島直俊
キャスト border=
武末志朗  松村 穣
岡本高英  中田寿輝
本郷小次郎 高橋亜矢
桑島義明  嚴樫佑介
茨木 学   木ノ下椿
北村りさ  葉山奈穂子
成澤奈穂  小川友暉
竹 良光   遠田恵理香
髙橋明日香 三谷千季
光永勇輝  山田久海
チケット情報
入場料金
全席自由 
一般 4,000円(税込)
なみちけ」ご使用になれます
学生 2,500円(劇団のみ取扱/要学生証)

※未就学のお子様はご入場いただけません。
※車椅子のままでご観劇をご希望の方のために、車椅子スペースを用意しております(定員あり/要予約)。車椅子の大きさに制限がございますので、お申込みの際にお問合せください。■問合せ先:劇場チケットボックスTEL03-3223-7300
※障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り、1割引きになります。
チケット販売窓口
座・高円寺チケットボックス(月曜定休)
03-3223-7300(TEL10:00〜18:00/窓口10:00〜19:00)
座・高円寺WEBチケット
https://www.e-get.jp/za-koenji/pt/
Confetti(カンフェティ)
http://confetti-web.com/miyatake_gaikotsu
0120-240-540(平日10:00~18:00)
演劇集団ワンダーランド
http://www.office-wonderland.com
03-3368-2481(平日9:30~17:30)
FAX:03-3368-2487
MAIL:info@office-wonderland.com
※6/2(日)17:00以降のお申込みは、電話またはメールでお願いします。
お問合せ
一般社団法人演劇集団ワンダーランド
03-3368-2481(平日9:30~17:30)
ページの一番上へ戻る