この催し物は終了いたしました
18
秋の劇場
[演劇]
さよなら鹿ハウスの写真
OFFICE SHIKA PRODUCE

さよなら鹿ハウス

日本劇作家協会プログラム
作・演出:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)
音楽:オレノグラフィティ
アートワーク:入交星士
出演:渡部豪太/浅野康之、飛磨、岡田優、勝又啓太、笹海舟、清水佐紀、玉川来夢/椙山さと美、鷺沼恵美子 ほか
公演期間2018年11月08日(木)~11月18日(日)
会場座・高円寺1
チケット発売日2018年09月09日(日)
関西から上京して1年間、ほぼ連日路上パフォーマンスをくり広げ、次第に活動の幅を広げていった「劇団鹿殺し」。丸尾丸一郎の同名の私小説を元に舞台化、青春まっただ中の奮闘の日々を描いた、新作をお楽しみに。
伝説になりたかった劇団員たちの生きた証
作品解説・みどころ
2005年4月。僕は劇団鹿殺しの劇団員6名と共に、
中古のハイエース「鹿カー」に乗って上京しました。
東京の僻地、東久留米市に建つ古民家「鹿ハウス」での劇団員7人の共同生活。
僕らには約束がありました。2年間はバイトをせずに劇団で路上パフォーマンスをして食べてゆくこと。伝説になりたかった。しかし、2年後に待っていたものは……。
出会いと別れ、汗と涙、僕の青春は「鹿ハウス」にあったような気がします。だから、僕は2年間の記録を私小説「さよなら鹿ハウス」として描きました。
今回、舞台化できることを大変嬉しく思います。
伝説を目指した七転八倒の青春物語。どうぞご覧下さい。


――丸尾丸一郎(座・高円寺フリーマガジン20号より)
主催:オフィス鹿

後援:杉並区
提携:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
スケジュール
この催し物は終了いたしました
日時11/05
(月)
11/06
(火)
11/07
(水)
11/08
(木)
11/09
(金)
11/10
()
11/11
()
14:00
19:00
日時11/12
(月)
11/13
(火)
11/14
(水)
11/15
(木)
11/16
(金)
11/17
()
11/18
()
14:00
19:00
ダブルキャスト
A(鬼の座長編):鹿の子チョビン:椙山さと美/友人ララ様:鷺沼恵美子
B(鋼の座長編):鹿の子チョビン:鷺沼恵美子/友人ララ様:椙山さと美

託児サービスあり=11/10(A)・17(B)の各14時公演(対象:1歳~未就学児/定員あり/要予約/料金1,000円)。観劇日の1週間前までに、劇場チケットボックス(TEL03-3223-7300)まで、お申込みください。
スタッフ
作・演出:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)

音楽:オレノグラフィティ
アートワーク:入交星士

舞台監督:森貴裕(M.T.Lab)
舞台美術:青木拓也
照明:申政悦
音響:鏑木知宏
音楽部:出口大海

衣装:車杏里

制作:高橋戦車

ほか
キャスト border=
渡部豪太

浅野康之
飛磨
岡田優
勝又啓太
笹海舟
清水佐紀
玉川来夢

今井涼太
尾上武史
澤田美紀
椎名朱音
松本さえ子

椙山さと美
鷺沼恵美子
チケット情報
入場料金
全席指定 
一般 4900円(税込)
なみちけ」ご使用になれます
ヤング券(22歳以下)3,500円(座・高円寺チケットボックスでの取扱いはありません)

※車椅子のままでご観劇をご希望の方のために、車椅子スペースを用意しております(定員あり/要予約)。車椅子の大きさに制限がございますので、お申込みの際にお問合せください。■問合せ先:劇場チケットボックスTEL03-3223-7300
※障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り、1割引になります。
※開演後のご入場は、ご指定のお席にご案内できない場合がございます。
チケット販売窓口
座・高円寺チケットボックス(月曜定休)
03-3223-7300(TEL10:00〜18:00/窓口10:00〜19:00)
座・高円寺WEBチケット
https://www.e-get.jp/za-koenji/pt/
チケットぴあ
http://pia.jp/t/
0570-02-9999 
Pコード:489-536
ローソンチケット
http://l-tike.com
0570-084-003
Lコード:32398
CNプレイガイド
http://cncn.jp/
カンフェティ
http://confetti-web.com
0120-240-540
劇団 公演公式サイト
http://www.shika564.com/sayonara
お問合せ
株式会社オフィス鹿
http://www.shika564.com/
03-6265-8518
ticket@shika564.com 
この催し物は終了いたしました
ページの一番上へ戻る