この催し物は終了いたしました
展示
open the gateの写真
KOENJI CONRAN EXHIBITION 2017

open the gate

公演期間2017年10月05日(木)~11月01日(水)
会場Gallery アソビバ
作品解説・みどころ
高円寺在住のアートディレクターの大黒健嗣さんが選んだ
高円寺在住でアート活動を続ける気鋭のアーティストたち。

枠組みに収まらない高円寺アートを、
さらにぎゅぎゅっと濃縮したような作品展です。
じっくりとお楽しみください。

<ステイトメント>     Kenji Daikoku (AMPcafe/BnA hotel)
東京・高円寺に軸足をおいて活動を始めてからの10年で、
今が最も面白い状態にあると確認しています。
直観と思案を横断しながら、自らの精神的快楽に純粋に向き合いつつも、
互いの個を尊重し調和を愛する絶妙なコミュニティが存在するこの街で、
今、生まれているものごと。
その世界へコンタクトし交じり合うための扉を、アートによって開放したいと考えています。

…‥・‥……‥・‥……‥‥……‥・‥…
KOENJI CONRAN EXHIBITION 2017
〔open the gate〕

【4人の作家の新作展】
■平塚 達也(tAt)
 1988年生。米国インディアナ州にて幼児期を過ごし、岐阜、ニューヨーク、東京と住む。2007ねんからの作家活動以来、フリーアーティスト、絵師としてロックフェス(RSR)や、ライブ/クラブカルチャーでのライブペイント、ポスターデザイン、そして絵画展なども精力的に行う。http://nametat.wixsite.com/tatsuya-hirayama

■SUI THE TOKYO
 東京で生まれ、自身が育った下町中野や新宿、都会というカオスな背景に、SUI THE TOKYOの、妄想する街や人など、ないまぜのNEO MIXTUREをコンセプトに。カテゴリーを問わず独自のイラストレーション、BODY PAINT、コラージュPAINT、インスタレーション作品党多岐にわたり発信。 http://suiart.net/

■松本 大志
 大阪生まれ千葉育ち高円寺在住。ボールペン、墨、アクリル、ポスカ、素材と塗料、塗料と塗料の化学反応、その辺にあったモノを使い、日々受けた刺激や自分の世界を実験的に排泄している。東京を中心に千葉、茨城、神奈川でのライブペイントやグループ展示、個展、シルクスクリーンでのTシャツ販売、出店等呼ばれりゃ飛び出すスタイルで活動中。

■念形師 家元 須永健太郎
 幼少より粘土で人形らしきモノを作る。2003年、毛糸をワイヤーに入念に巻き付け、シンメトリーを漂わせ造形する「念形」を考案、「念形師 家元」になる。一生ヒトガタのようなモノをつくると決め、四国にて操り人形を学び、テレビ人形劇などの美術制作会社を経て、現在はDesign×PrintingのGRAPHに所属。instagram: iemotomaster

【COMMUNITY Art Collection】
地域のアーティスト10名が寄せた作品31点を展示
・腹黒ピカソ
・ほたてさき
・YoheiTakahashi
・AHAU
・Haruka Oshita
・HIROMI NIITSU
・TATSUYA HIRAYAMA
・小田佑二
・TOMO¥A
・岩本文哉
写真をクリックすると拡大します。
スケジュール
この催し物は終了いたしました
日時10/02(月)10/03(火)10/04(水)10/05(木)10/06(金)10/07()10/08()
09:00
日時10/09(月)10/10(火)10/11(水)10/12(木)10/13(金)10/14()10/15()
09:00
日時10/16(月)10/17(火)10/18(水)10/19(木)10/20(金)10/21()10/22()
09:00
日時10/23(月)10/24(火)10/25(水)10/26(木)10/27(金)10/28()10/29()
09:00
日時10/30(月)10/31(火)11/01(水)
09:00
9:00~22:00
チケット情報
入場料金
入場無料
お問合せ
座・高円寺
03-3223-7500
この催し物は終了いたしました
ページの一番上へ戻る