劇場創造アカデミー




劇場で、生きる。
演劇に携わる者にとって必要な力、劇場にかかわるあらゆることを、
プロの存在を実感しつつ総合的に学ぶ、あしたのための演劇学校。

カリキュラムディレクター: 佐藤信 生田萬 木野花   



修了生の活動は、分野も地域も多岐に渡り、ひとりの演劇人・劇場人・社会人として、自身の持つ才覚を発揮できる場所を見出しています。
地方の公共劇場で制作として勤務する、芸能事務所に所属し俳優活動を続ける、自ら劇団を立ち上げ作品を作る。
そのいずれの活動にも「活動の場」が必要不可欠です。

座・高円寺を中心としたネットワークのなかで、2年間劇場と関わることにより、「活動の場」につながる可能性と出逢うことができます。


主な就職先・勤務先

いわき芸術文化交流館アリオス(福島県)
STスポット横浜
花まる学習会王子小劇場(東京都)
北区文化芸術活動拠点ココキタ
久留米市市民文化部(福岡県)
久留米市市シティプラザ推進室(福岡県)
ザ・スタッフ(東京都)
株式会社シアター・ワークショップ(東京都)
杉並区立杉並芸術会館/座・高円寺(東京都)
株式会社ファイブ・ミニッツ(東京都)
北とぴあ(東京都)
穂の国とよはし芸術劇場PLAT(愛知県)
新居浜市綜合文化施設あかがねミュージアム
若葉町ウォーフ

主な所属事務所

M.M.P         岡村本舗       
有限会社芹川事務所   有限会社現代制作舎
ストローハウス     株式会社ナノスクエア
株式会社長谷川事務所  株式会社ビジョン・ファイブ
ミズキ事務所

主な所属劇団・団体

革命アイドル暴走ちゃん
劇団黒テント
ダンスO1  

結成団体・ユニット

演劇ユニットnoyR    ガレージホール(岩手県)
旧加藤家住宅(埼玉県) 劇団ドクトペッパズ
ゲッコーパレード    250km圏内
Plant M         プリズマン
RadicoTheatre


第1期生
/2011年5月修了

演技コース 10名
舞台演出コース 5名
劇場環境コース 5名

講義のみコース 10名
(2010年3月修了)

第2期生
/2012年2月修了

演技コース 6名
舞台演出コース 6名
劇場環境コース 5名

講義のみコース 5名
(2011年4月修了)

第3期生
/2013年2月修了

演技コース 6名
舞台演出コース 2名
劇場環境コース 3名

講義のみコース 1名
(2012年3月修了)

第4期生
/2014年3月修了

演技コース 10名
舞台演出コース 4名

講義のみコース 2名
(2013年3月修了)

第5期生
/2015年3月修了

演技コース 7名
舞台演出コース 3名
劇場環境コース 1名

講義のみコース 4名
(2014年3月修了)

第6期生
/2016年3月修了

演技コース 4名
舞台演出コース 2名
劇場環境コース 1名

講義のみコース 6名
(2015年3月修了)

第7期生
/2017年3月修了

演技コース 5名
舞台演出コース 2名
劇場環境コース 1名

講義のみコース 5名
(2016年3月修了)



KAI SHIMOMURA
下村界 1期・演技コース
1984年生まれ。埼玉県所沢市出身。桜美林大学文学部総合文化学科卒。アカデミー修了後、1期生の仲間と『劇団ドクトペッパズ』を結成し、2015年より東京都北区文化芸術活動拠点ココキタにてレジデンスアーティストとして活動。また、児童演劇の俳優/ワークショップファシリテーターとして北は北海道・南は沖縄まで、日本中の小学校・児童館で子どもたちのために奮闘中。

DSC_7321.JPG

僕は今ようやく入口に立ったと思っています。『演劇で食っていく』という真っ暗なトンネルの入り口です。ここにたどり着くだけでも結構大変なことです。他の養成所でもそうだと思いますが、入所したからといって必ずしも全員がプロになれるわけではありません。途中で脱落する人もいるし、修了してもやっぱり辞めていく人もいます。ですが、僕が今こうして演劇を仕事としてやれるようになってきたのは、やはりアカデミーに入ったからなのだと思っています。アカデミーは、たぶんちょっとヘンな養成所です。ちょっとヘンだから、自分で考えないといけない。これ何の意味があるんだろうとか、この人なんでこんなこと言うんだろうとか、挙げればキリがないですが、教わった通りにやっているだけでは結局埋もれてしまう。僕がアカデミーで学んだこと。それは自分で考えるということです。それも、相当しつこく。「劇場で、生きる。」生きることは誰かと関係を築いていくこと。ここで様々な人との出会いがあると思います。が、誰かと共にそこにいるのは他の誰でもない、あなた自身。アカデミーには劇場で生きるための時間と場所があります。ぜひ門を叩いてみてください。


SHIGEO TAKEDA
竹田茂生 2期・演技コース
1978年生まれ。福井県出身。大阪芸術大学舞台芸術学科演技・演出コース卒業。座・高円寺劇場創造アカデミー2期修了。テレビやラジオドラマに出演のほか、舞台にも多数出演。



竹田茂生写真.jpg

しばらく東京で、事務所に入って、芸能関係の仕事をしていましたが、自分の限界を感じていました。このままじゃ、だめだよ。そんな事思いながらも、何してよいか分からずに、喫茶店で、悶々としていた当時の僕。20代前半の若人が、こんな話をしているのが聞こえました。「高円寺に、すげー講師の揃った演劇学校があってさ、ここ出ると本物になれるんだって」この先、どうしていいか、分からずにいた僕は、その本物って言葉に惹かれ、彼らの言葉に首ったけになりました。結局彼らは、募集要項をトレーに乗せたまま、店をさりました。その募集要項を元に、応募したんですよ。当時インターネットの使い方もろくににしらない、僕と高円寺アカデミーの出会いです。あれから、六年。まだ本物にはなれません。どうしてくれるんだ。でもね、素敵な出会いと、自分の武器を見つけました、当時と比べものにならないくらい、頼りになる武器です。この演劇大海原で、とにかくこの武器で戦ってます!


YUSUKE KAWAKAMI
河上裕介  3期劇場環境コース
1988年生まれ。山口県周南市出身。座・高円寺劇場創造アカデミー3期修了。平成25年度より、福岡県久留米市で平成28年開館の文化複合施設、久留米シティプラザに勤務。



河上裕介.jpg

情熱的で個性的な講師陣の下で演劇と格闘し続ける2年間。劇場を支えるたくさんの専門家達が間近で働く姿を見ながら学ぶ2年間。東京・高円寺という商店街が人で賑わう活気のある街で、そこに生きる人達に出会う2年間。「劇場で、生きる。」の理念が凝縮されたアカデミーでの2年間で、あなたの求めることがきっと学べるはずです!いま地域の劇場で働く私の財産になっています。












AMANDA WADDEL
アマンダ・ワデル 4期・舞台演出コース
1988年生まれ。テキサス州ヒューストン出身。南カリフォルニア大学演劇学部演劇学科。座・高円寺劇場創造アカデミー4期終了。「革命アイドル暴走ちゃん」という劇団に所属している。劇団では出演や海外公演の制作を担当している。

アマンダ写真.tif

今となって思えば、二年間ずっと劇場で過ごせていたということが、どれほど贅沢な生活だった分かる。アカデミーが提示している「劇場で、生きる」という言葉に、嘘はない。卒業した今、再び「劇場で、生きる」ことの難しさに直面している。アカデミーはその戦いのための準備をする場所だと思う。私は演出ゼミだったが、最終的には演技、制作、ドラマツルギーを含む自分のスキルのすべてを磨くことができた。さらに、このプログラムには「卒業生のネットワーク」という特典がつく。互いの作品に興味をもってくれる卒業生がたくさんいる。彼らと助け合ったり、コラボしたり出来るのでやりがいある。もしチャンスがあったら、もう一度やってみたいと思う。


AKIKO HORINOUCHI
堀之内晶子 5期・舞台演出コース
1990年生まれ。静岡県浜松市出身。昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科舞台スタッフコース卒業。大学では舞台美術を専攻する。大学卒業後、演出という視点から舞台芸術を考えるため、劇場創造アカデミー舞台演出コースで学ぶ。アカデミー修了後は、現場経験を積むために様々な公演にスタッフとして参加。

堀之内晶子.JPG

劇場創造アカデミーで過ごした2年間は、「出会い」の2年間でした。同期生や先輩、後輩との出会い、劇場スタッフとの出会い。アーティスト、高円寺に住む人々、子どもたち…。どの出会いも刺激的で、未来につながる出会いでした。その出会いが更に新しい出会いを生み、次の活動につなげることができました。劇場は人と人をつなぐ場所なんだと日々の活動を通して実感しています。舞台芸術への情熱を持つ皆さんと出会えることを楽しみにしています。